「全国労働衛生週間」は、働く人の健康の確保・増進を図り、快適に働くことができる職場づくりに取り組む週間です。昭和25年に第1回が実施されて以来、本年で第68回を迎えます。

企業さまのご依頼を受け、その衛生週間の催しのひとつとして、ボトルカウンセリングを体験していただきました。
社員のみなさまに お昼休みを挟んで、お一人約10分~15分ですが、体験していただきました。

会場には、開始予定時間より早く足を運びお待ちいただいた方も。
時間中はずっとお待ちいただく状態で、2人のボトルカウンセラーが休むことなくカウンセリングさせていただきました。時間切れで、お断りした方々もあったようです。
翌日、ご依頼いただいた健康管理室のスタッフの方から、
「社員からも大好評で、もっと長い時間してほしい、すごい当たってたなど声があがりました」 というお声をいただきました。

これからも、ボトルカウンセリングの楽しさや深さを、たくさんの方々に味わっていただけるよう励みたいと思います。